【先住犬との過ごし方】合わせる時はドキドキでした

譲渡犬として家族になったどんぐり。
早いもので、わが家に来てもうすぐ2週間になろうとしております。

ここで、先住犬である黒柴こまこ(4歳・女の子)の様子を振り返りたいと思います。
予想通り、いや、予想以上の反応だったので記録しておきます。

【自分を犬と思っていない】

最初に言いましたが、こまこはしつけ・トレーニングを諦めた犬です。

あまり公表したくないことですが・・・実はこまこを迎えた時期、私たちはペット不可のアパート暮らしでした。
すでに今の戸建ての家に引っ越しは決まっていたものの、リフォームなどがあったので2~2ヶ月半はアパートに居ました。

こまこは無駄吠えなどはしませんでしたが、ただ、トイレトレーニングや一連のしつけができずにヤキモキしておりました。
ヤキモキしていたのですが、アパートということもあり、大きな声は出せませんし、散歩もアパートの管理人がいなくなった後、夜に少しだけでした。

 

あまり室内に居させてもかわいそうと思い、最後の2週間は私の実家にあずけました。
そこで私の父親がしつけや芸を覚えさせてくれたらしく、再び私たちの元に帰って来たときには別の犬のようになっていたのを覚えています。

もしかしたら、実家の方を本当の家だと思っていたのかも知れません。

引っ越しを済ませ、今の家に来て4年。
こまこを甘やかして4年。
こまこは自分を犬だと思っていないのではないでしょうか。

【誰??】

こまこは散歩中、他犬に飛びかかろうとします。
ですが、人には優しく、懐っこいところがあります。

あまり興奮していては他の飼い主さんに失礼なので、時にはすれ違いざまに抱き上げて道を通りました。
まだ犬の知識も乏しい頃でしたので、余計こまこの「お姫様感」は強まったのでした。反省。

 

そんなこんなで、後輩犬のどんぐりがわが家に到着!

「きっと騒ぐ」と私たちは予想しておりましたが、想像以上にギャン鳴きで、耳が痛くなる程の騒ぎでした。
こまこは人には優しいが、犬には厳しい犬です。
どんぐりは委縮してしまいました。

きっとこまこはこんな事を言っていたでしょう。
「あんた誰?」
「ここはあたしの縄張りよっ」
「出て行きなさいよ」

犬の言葉は分からないので予想ですが。

そして私がこまこを、主人がどんぐりを抑えていないと、とてもじゃないですが顔合わせできない状況でした。

人間の世界でもそれと似たようなことはあるので、やがて怒ることにも疲れるだろうと思いましたが、中々止めない。
その日は2頭は別々の部屋で過ごしましたが、今度は吠えられていたどんぐりが反撃に出ます。
こまこの姿を見るとどんぐりの方が騒ぐようになったのです。

そんなどんぐりに吠えられ、こまこはびっくりして足がすくみました。
これはどんぐりの勝ち(?)かな?とも思いましたが、庭で2頭を放してみることにしました。

するとやはり、どんぐりの優勢。

身体もこまこより大きく、男の子なので、それも関係していたのでしょう。
こまこはその後、大人しくなるのかと思いきや先住犬のプライドがあるのか、しばらく騒ぎは続けていました。

※イメージ画像です

 

【2週間、過ごしてみて】

人間も、犬も、慣れとはすごいものだと思いました。

何故か、数日経つと一緒の部屋で眠ります。

約2週間経った今現在、
どんぐりがわが家に慣れてきたので、時間時間で部屋を自由にさせるのですが、衝突する回数も減ってきました。

「犬は犬同士で順位を決めるので、人間が決めない」とあったので、なるべくその通りにしました。
本当に合わない犬同士なら、どちらかが病院に行くくらいに喧嘩をするとのことです。

 

最初は先住犬のこまこから噛み付いていましたが、今は私たちが「ダメ」と言うので、しぶしぶ言うことを聞きます。
ですが、どんぐりがこまこのおしりをしつこく嗅ぐのが嫌で反抗をします。
その反抗をどんぐりが嫌がり、反抗する、という流れが出来上がってきました・・・。

そんな2頭を見て、私たちは笑顔になります。

 

続く。