【しつけ記録】犬が飼い主に噛み付くときはどうすればいいのか

犬が「噛む」ことには、必ず理由があります。

多くの場合は警戒心や恐怖心からという理由であり、飼い主を噛むということの理由のひとつに、過去に叩いたり脅かしたりしたことがあることが挙げられます。

【犬が噛む理由】

わが家のどんぐり(柴犬男の子、8ヶ月)も、時々飼い主である私たちに噛み付きます。
それは飼い主を「下に見ている」「バカにしている」と思い込んでいましたが、どうやら違うんですね。

犬が噛むことはごく自然なことで、自分の生命を維持するための必要な本能なのです。

しかし、生後早々から親犬や兄弟犬から離れてしまう多くの犬は、力加減を学ばないままに本能だけが残ってしまっているのです。
それに、私たち人間のように手を使って何かをすることはできませんので、口を使ってさまざまな行動をせざるを得ないことをまず理解した方が良いです。

噛む理由のひとつに、飼い主が過去に叩いたり脅かしたりしたことがあることが挙げられます。
その他にも

・歯が生え変わる時期でかゆい
・ストレスが溜まっている
・遊びの延長(かまって欲しい)
・上下関係を確認している
・動くものに反応してしまう

などがあげられます。

【犬が噛まないようにするには】

犬の本気噛みは人間の骨を砕いてしまうほどだと言います。
威嚇や攻撃、自分の要求に従わせるためであることがほとんどで、本気噛みはじゃれることが目的ではありません。

そんな噛み癖は、「人を噛んで自分の思い通りになる」という経験をさせないことが大事なんです。

犬が「噛む」と言っても、ケガをしない程度の甘噛みと、人間が流血してしまうレベルの本気噛みがあり、噛む程度によってしつけの仕方が変わってくるため、しつけの中でも難しい部類に入ると言われています。

では、しつけのやり方はどうすればいいのでしょうか?

 

・犬が噛んだ瞬間、こぶしを口の中に突っ込む
手を噛まれたときにそのまま犬の口の中に手を突っ込み「オエッ」となるくらいの経験をさせることで、噛むと嫌なことが起こると学習させることができます。

・犬に噛みつく
犬が噛みついてきた瞬間に、飼い主が犬のマズル(鼻)にがぶっと噛みつき、痛い思いをさせる方法です。
鼻を噛むことで、飼い主の方が上なんだという主従関係を築くこともできますし、噛まれると痛いという経験を犬にさせることができます。

・冷静に注意をする
冷静に低い声で「ノー!」や「ダメ!」と短い言葉で伝え、それ以上大きなリアクションはとらないようにします。

多少、手荒い方法が含まれていますが、最近では「仰向けにすること」や「マズルを握ること」なども体罰にあたるそうです。
ですが、リードの引っぱりの時にも感じましたが、犬に伝わらないのであればやる意味がないので、時には手荒いしつけも致し方ないことだと私は思います。

 

【リードの引っぱり】かわいそう?しつこい犬にはショックが有効

【犬が噛まない環境作り】

犬は、言葉を話さない代わりに感受性がとても豊かな動物ですから、私たち飼い主の感情をしっかりと理解してくれます。
犬が何故噛むようになったのか理由を考えて、その気持ちを理解し和らげるだけでも「噛む」回数が減ってきます。

特に、噛み癖はトラブルに発展しやすい問題行動ですし、中型犬以上の犬の場合は、噛み癖があると人を殺しかねないくらいに危険があるので、直しておく必要があります。

そして、犬が本気で噛むことだけが攻撃行動だと思われがちですが、「唸る」「歯をみせる」「脅す」という時点で、すでに事は始まっています。

例えば、犬を唸らせたままで抱き上げる、威嚇したままで首輪をつけるといったことをし続けると、「警告しているのにわかってくれないなら、噛むしかない」となっていきます。
そこでようやく飼い主さんはハッと気付きます。
犬はずっと信号を出し続けてきたのに、飼い主が犬の感情を無視した対応をしてきたわけです。

犬が噛むことには理由があることがわかりますね。

【わが家のどんぐりの場合】

どんぐりは前々から書いていますが、わが家に迎え、しつけ・トレーニングを始めた時から噛みます。
気に入らないことや、要求があると噛むのでその都度しつけが必要です。

ですが、そう思っているのは私たち人間だけであって、もしどんぐりが私たちに何かを伝えたいがために噛んでいたとしたら、と考えるとその気持ちを汲んであげられなくて申し訳ないなと感じます。

今は大分落ち着きましたが、欲求を抑えられないことが多々あります。

・朝、ケージを開ける際
・ご飯、おやつの前
・大好きなボールで遊ぶ際

特に以上の状況では欲求が抑えられず、飛びつきや噛み付きが見受けられます。

これからも日々の積み重ねでトレーニングをしていきたいです。

続く。