【首輪と胴輪】用途で使い分け 胴輪の正しい付け方

首輪胴輪(ハーネス)、どちらを選べばいいのか悩んでいる飼い主さんはいらっしゃいませんか?
それぞれの特徴を知り、愛犬に合ったものを選ぶのがおすすめです。

【首輪のメリット・デメリット】

〇飼い主さんの合図が伝わりやすい
しつけの時には首輪がおすすめです。

〇手軽につけることができる
日頃から身につけることで初めての首輪に慣れさせるのも簡単です。

✕首が締まる状態となる
特にお散歩時など、引っ張り癖のある犬だと常にリードが張った状態となり、首が締まるような状態となり、首や器官、呼吸に負担がかかることがあります。

首にヘルニアがある犬や、高齢などで呼吸器に気を配らなければいけない犬の場合には注意するようにしましょう。
首輪をつけさせる際は、お散歩の時など常に飼い主の横について歩かせるようなしつけ・トレーニングをすることが必要です。

 

【胴輪のメリット・デメリット】

〇身体にかかる負担が少ない
気管支炎など、呼吸器系の疾患がある場合には、引っぱり癖があっても身体にかかる負担の少ない胴輪が良いです。

〇歩行の補助ができる
高齢犬や、ヘルニアなど歩行に差し支えが出るような疾患を患っている犬のお散歩の補助になります。

✕飼い主さんの合図が伝わりにくい
飼い主さんの合図が伝わりにくく、コントロールが難しいのでしつけ・トレーニングをするのには向いていません。

 

【どちらを選べばいいのか】

首に負担がかかるとは言え、犬の首は頑丈にできています。
ちなみに、胴輪をつけていても犬が引っぱれば咳込む場合があります。

首輪と胴輪は選ぶものではなく、しつけ教育中は首輪、しつけができて飼い主さんのと足にピタッとついて歩くことができるのであればどちらでも構わないというのが正解なんだそうです。

ひっぱり癖」はしつけができていない犬ですので首輪をつけて訓練するということになります。

【リードの引っぱり】様々なしつけ方法を試してみる
【リードの引っぱり】かわいそう?しつこい犬にはショックが有効

 

また、「愛犬が首輪をすり抜けて脱走した」という飼い主さんも見受けられます。
首輪は指2本分の余裕があることが理想ですが、首より頭が小さい犬種もいるので、その場合は胴輪が良いかと思います。

ですが胴輪は、特に引きが強い仔犬には成長期の骨に良くないそうです。

総合的に言うのなら、飼い主さんが愛犬を見極めて選ぶのが良いかと思います。

【わが家のどんぐりの場合】

どんぐりは前の飼い主さんの頃から首輪でしたが、あまりにも引っぱるため、胴輪を付けて散歩をしていました。
最近では引っぱりもほぼ無く、リードに余裕がある状態です。

ただ、何故か胴輪を怖がっています。

散歩に行く前に胴輪を付けようとすると逃げます。
その度に「マテ」と「おすわり」をさせて捕まえます・・・。

気になって調べると、胴輪は頭からかぶせるタイプがおすすめだそうで、足を通すタイプは犬同士では決して触ったりすることのない足を、人間の手で触ることになり、それだけでも負担になるのだそうです。

 

更に、以下の事がNGです。

・無造作に犬の前に立ちはだかる
・真正面から近づく
・犬の上にかがみこんで着けている

犬にとって以下の行動はこのように感じます。

・目の前に立たれる⇒不安や恐怖を感じる
・正面から接近する⇒犬同士では敵意の表現
・かがみ込む⇒威圧

恐怖で飛んで逃げて行った犬を、人間は慌てて追いかけ、隅に追い詰めてから、捕まえます。
この時点で人間に対する不信感や怖いことをする存在を植え付けてしまいます。

恐怖が強い犬だと噛み付きます。

・・・どんぐりは胴輪が嫌なのではなく、私たちが胴輪を付ける行為が怖かったんですね、反省。

【正しい胴輪の付け方】

1、胴輪にリードをつなぎ、床におく

2、飼い主さんが落ちつき、犬の正面ではなく横に座る

3、ゆっくりと犬の胸を2~3回撫でる

4、胴輪の頭を通す部分を輪っかにして持ち、犬の後方からそっと首にかぶせる

5.ゆっくりバックルを止める

「散歩だよー」と犬の興奮を煽らず、なるべく落ち着き胴輪を装着します。
人間からグイグイ接近せず、じっと犬が近づくのを待ち、静かな動きでそ~っと着けます。
(時間がない場合はちょっと難しいですね・・・)

おやつは使わずに、犬が自分で対処するように促したほうが、スムーズに学習できます

このようにやっておくと慣れるのも早く、「嫌がって逃げ回る」「噛みつく」などの事態を防ぐことができるのです。
問題行動の予防のためには、犬を怖がらせないことが重要です。

 

なるほど。
勉強になります!